出展物紹介

出展物の多くはこちらに掲載しております。 特別展示の「動く錯視」については作者のページをご覧ください。

サイエンスはアートだ! (情報芸術センター2階Studio B)

サイエンスは想像と感動にあふれた研究分野です。 昆虫の拡大写真や先端の研究で生まれた美しい幾何学的模様などの展示をお楽しみ下さい。

オーム貝 アオタテハモドキ紋様 マメコガネ コンピュータのつくるアート タウリンの分子構造

展示物の例

  • 動く錯視
  • 昆虫の顔を拡大すると
  • 虹色に光る鉱物
  • 宇宙を見る!分子を見る!
  • 目で見える化学反応
  • 数式が描く不思議な模様
  • コンピュータが作るアート
  • その他

地球体験コーナー…地学の世界へようこそ! (情報芸術センター1階多目的室)

身近な鉱物からナウマン象の臼歯化石まで地学の研究対象をそのまま展示します。 地学現象をそのまま実体験できるコーナーもあります。

虹色に光る鉱物 ナウマン象の臼歯

  • 秋吉台・鍾乳洞で発見されたナウマン象の臼歯化石
  • 地震の化石
  • 世界最古40億年前の岩石
  • 27億年前の縞状鉄鉱床
  • 南極の石
  • 仁保と玖珂の隕石
  • 各種鉱物・岩石・化石標本
  • 鳴き砂の不思議を体験しよう
  • 立体視で活断層を発見しよう
  • ミクロの化石を観察しよう
  • 鉱物が奏でる光の世界を体験しよう

Last-modified: 2011-09-20 (火) 11:32:03 (2740d)
このページは、山口大学理学部サイエンスワールド実行委員会が編集しています。