極限環境生物学研究室

「微細藻類の環境適応機構の解析と葉緑体核様体の分子構築に関する研究 」

教員

misumi.jpg

三角 修己 准教授

Osami MISUMI

mail:misumia[at]yamaguchi-u.ac.jp
(メール送信の際は[at]を@に置き換えて下さい.)

 staff.png

研究内容

 微細藻類を用いて細胞のストレス耐性の分子機構および、バイオマス合成誘導機構を明らかにする。各種の藻類について、温度やpHストレスに対する適応や耐性の分子機構の解明を目指す。更に、光条件等に着目してバイオマス合成の至適培養条件を確立し、強靱で生産性の高い藻類株の創出を試みる。微細藻類の高い光合成能を活用する本研究の成果は、基礎研究の立場から環境問題やエネルギー問題などの解決に貢献することが期待される。

 また、光合成が行われる細胞小器官である葉緑体の遺伝・増殖・機能発現に重要な役割を果たす、葉緑体核様体の分子構築についても解析を進める。葉緑体ゲノムの複製や保持に関しては未解明な点も多く、その問題を解決するために、細胞の体裁が単純な微細藻類が研究対象として適している。本課題の成果は葉緑体工学の発展に寄与できるものと考えられる。

misumi_2.jpeg

細胞質に油滴(トリアシルグリセロール:黄緑の輝点)を蓄積するCyanidioschyzon merolae細胞。

Selected publications

  • Takusagawa M, Nakajima Y, Saito T, Misumi O. (2016) Primitive red alga Cyanidioschyzon merolae accumulates storage glucan and triacylglycerol under nitrogen depletion. J. Gen. Appl. Microbiol. 62, 111-117

  • Kobayashi Y, Misumi O, Odahara M, Ishibashi K, Hirono M, Hidaka K, Endo M, Sugiyama H, Iwasaki H, Kuroiwa T, Shikanai T, Nishimura Y. (2017) Holliday junction resolvases mediate chloroplast nucleoid segregation. Science 356, 631-634

  • Nozaki H, Takusagawa M, Matsuzaki R, Misumi O, Mahakham W, Kawachi M. (2019) Morphology, reproduction and taxonomy of Volvox dissipatrix (Chlorophyceae) from Thailand, with a description of Volvox zeikusii sp. nov. Phycologia, 58, 192-199.

  • Kuroiwa T, Miyagishima S, Matsunaga S, Sato N, Nozaki H, Tanaka K, Misumi O, Eds. (2018) Cyanidioschyzon merolae: A New Model Eukaryote for Cell and Organelle Biology, Springer International Publishing, (ISBN: 978-9811061004)