生物学科

bio_title.jpeg

bio_title_mov.jpg

 生物学科では、生物がもつ普遍的あるいは種特異的な生命現象を探究するとともに、地球圏の生物の多様性の理解に向けた教育と研究に取り組んでいます。現在、細胞増殖と分化、細胞内空間デザイン、細胞移動の分子機構、植物細胞のシグナル伝達、微細藻類の環境適応機構、繊毛虫の運動や分子進化、動物の光応答機構、概日時計の分子機構、季節適応機構、行動・生態など、ミクロ(分子・細胞)からマクロ(個体)スケールに至る最先端の教育・研究を行っています。

img5.jpg
研究室・教員紹介
最先端の研究の世界を
ご紹介します

img12.jpg
 重 要  大学受験の方へ
生物学科の概要や入試情報
はこちらをご覧ください

img_10.jpg
大学院受験の方へ
大学院生を全国から
募集しています

img4.jpg
在学生の方へ
学生生活にかかわるお知
せを掲示しています


bio_pamphlet_info2.jpg


生物学科News

[2021/9/21] 研究成果

武宮淳史准教授(生物学科)を代表とする研究プロジェクトが山口大学「研究拠点群形成プロジェクト」に採択されました

[2021/8/4]学位論文公聴会
2021年08月04日14時30分から15時30分までのイベント 理学部第14講義室,

Md. Istiaq Obaidi Tanvirさんによる発表

[2021/6/29] 受賞 [2021/6/29] 受賞

生物学コースの田原京佳さんが中国四国植物学会大会において優秀発表賞を受賞

[2021/5/25] 受賞 [2021/5/25] 受賞

亀田奈那さんが日本生物物理学会中四国支部大会で優秀賞を受賞

[2021/5/14] 研究成果

三角修己准教授、宮川勇名誉教授らの研究グループが、緑藻クラミドモナスの葉緑体核様体の解析から葉緑体DNAを折りたたむタンパク質「DNAクリップ」を発見

理学部が関連する山口大学研究拠点群形成プロジェクト

robustness.jpg 植物ロバストネスの理解に基づく環境適応植物の創出